このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸で更新料は払う義務があるのか

賃貸の更新料は賃貸借契約の更新をする時に支払ていく費用ですが、その費用を支払わなければならない根拠と言ったものは実は特別ないです。そして昔からの慣習にのっとった料金の1つで、それを契約書に支払っていく約束として記載しているだけです。といっても2年契約で1か月分の更新料といったものは今のところ妥当な範囲として許容されて、裁判でも借主へ更新料を返還するような判決が出たものがありますが、その場合の更新料は極めて高額だったり、契約期間も短期間だったり、契約書にも不備があったりなど、そうしたケースがほとんどです。

その為更新料の支払いを求めること自体違法かといえば、必ずしも違法とは言えません。そして、妥当といえるような歯にBの金額で契約書にも不備がなければ仮に裁判をしても返還される可能性は極めて低いです。そして、視点を変えて、借主が支払った更新料はどこへ行くのかと言ったことを見てみると、更新料はほとんどの場合には、貸主と不動産会社で半分ずつ分け合っている形になり、借りぬしからの更新料はまずは全額貸主のものになりますが、そこから、不動産会社は更新事務手数料を払ってもらっているといったことになります。

注目情報



Copyright(c) 2017 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.