このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸で重要事項説明書がついてくる

賃貸物件を契約していこうとすれば契約書以外に重要事項説明書といった書面も一緒についてきて、これは重要なことを説明している説明書で、その内容はまるごと全部大事なことだらけです。そしてそうしたことを言われてもなんだか難しくよく分からないでしょう。そこで注意しておきたいチェック項目を説明します。重要事項説明書は簡単に言えば、これからあなたが借りようとしている物件はこんな物件ですといった説明がされている書類で、もしもこの内容がそんな話聞いていないといったものであれば、契約の話はなししますといったこともできます。ですが、重要事項説明書の内容確認はたいていの時契約時に一緒にされます。

もしも事前に内容をしっかり読んで確認しておきたければ、担当者に先に見せてもらえないかたのんでください。そして、まず確認すべきことはお部屋の設備で泣け印の時に部屋の中は見ているので何がもともとあるかはわかりますが、それが部屋の設備なのか前の入居者がそのままにしていったものなのかといったことは判断がつきません。もしも重要事項説明書に設備として記載があるものなら故障の時に貸主負担で修理してもらえますが、前の入居者の置いて言ったものなら自分で対処しないといけません。


Copyright(c) 2017 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.