このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸住宅の初期費用をできる限り抑えるためには

賃貸住宅の初期費用というのは、金額としては馬鹿にできません。すべてを合わせると、家賃六か月分にも上ると言われています。しかし、やはりどんな場合でも費用はできる限り抑えたいものです。そこで、初期費用の性質について理解しておくことは、とても大切です。

初期費用というのは、賃貸住宅を借りる当座にかかってくるもろもろの費用ですが、具体的には、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料、それから前家賃です。この中で、敷金については、はっきり言って最初に納めておいた方がよいお金です。なぜなら、敷金とは担保金であって、いわば借主のためにあらかじめ回収しておくお金だからです。ですから、決して家主が利己的な利益を追求して徴収しようとするお金ではないですから、収めておいた方が良いでしょう。しかし礼金については、支払う必要はないでしょう。それは包み金に過ぎず、それを支払っても、借主には何の利益もありません。仲介手数料も、これは交渉によって何とかなるお金です。仲介手数料というのは、本来なら借主と貸主の折半によって不動産会社に支払われるお金だからです。ですから、もし借主の全額負担で家賃一か月分が計上されていたら、訴え出て下げてもらう努力をしましょう。火災保険には必ず入らなければならないので、これはしっかり支払いましょう。

注目情報



Copyright(c) 2017 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.