このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸物件の共有スペースと修繕

賃貸物件に住む場合には期間を定めて契約をすることになります。期間内であれば、契約した部屋は借りているとは言え常識の範囲内で自由に使用することが出来ます。マンションであれば他にも多くの住民が住んでおり、共有スペースも多く存在します。

共有スペースはエントランスや廊下やエレベーターが挙げられます。こういったスペースの利用は細心の注意を払ってマナーを守って利用しなければなりません。ペットを飼うことが許されている物件であっても、ペットを飼っていない人も多く入居しているので、エレベーターに乗るときには必ず抱っこをするかゲージに入れなければなりません。動物の毛の散乱によってアレルギーを起す人もいるので、エントランスや廊下を含めて毛を散乱させてはいけません。こういったことは規約にも記載されており、守らない場合は敷金から清掃費や修繕費を補填される場合があります。また、規約を守らない場合にはこれ以上続く場合は退去を命じる旨が記された手紙が送られてきますが、それを無視し続けると強制退去になるので注意が必要です。また、廊下に植木鉢を置くなど私物を置くことも禁止されており、近所トラブルにもなるので注意が必要です。


Copyright(c) 2017 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.