このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

私が賃貸を選ぶ基準はレストランやコンビニがあるかどうか

私くらいの年代で料理をする男は稀です。妻に先立たれてやむなく始める人はいるかもしれませんが、若い頃から普通にキッチンに立っていた人は少ないでしょう。共働き率も少ない世代ですので、女が家で家事と子育てをして男が外で働く、というスタイルが一般的です。たとえ独身の一人暮らしであっても、自炊ではなく外食やコンビニ弁当などで済ませる人が過半数を占めると思います。私も例外ではなく、料理はまったくできませんでした。単身赴任で賃貸を選ぶ時も、会社までの距離や間取りよりも、まず近くにレストランがあるか、コンビニがあるか、という視点で選んできました。

ところが10年ほど前、東海地方の郡部に転勤になった時は、周辺が田んぼばかりでレストランなど皆無の賃貸アパートに入居せざるを得なくなりました。単身赴任歴が長い私にとって、洗濯や掃除はほとんど苦になりませんが、料理だけはずっとせずにきましたのでこの環境には参りました。そもそも持家率が異常に高く、賃貸物件がほとんどない地域でした。空いている賃貸を探すのが精一杯で、近くにコンビニやレストランがあるところが良い、などと贅沢を言える状況ではありませんでした。そこで仕方なく少し料理を覚えました。今となってはその状況に感謝しています。

注目情報



Copyright(c) 2017 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.