このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸の一軒家へのニーズや人気

賃貸への入居で義務付けられることが多い火災保険

賃貸契約をする際に、火災保険への加入を義務付けられることも多いと思います。賃貸なのだから火事への備えは家主がするべきではないか、借主が保険料を支払うのは納得できない、と思う人もいると思います。契約期間である2年分を先払いとなりますので金額も数万円になり、負担に感じる人もいることでしょう。しかし火災保険は火事に備えるだけの保険ではありません。火災による建物の損害については家主さんが保険に入っています。賃貸で火災保険への加入を義務付けられるのは、家主に対する損害を補償するためです。

借主の過失により火災が起きた時は、家主がかけている保険で建物の損害はカバーされますが、それ以外の家主に対する保障は借主自身がかけている保険からされることになります。そのため加入が義務付けられています。火災保険に加入することは、借主にとっても、メリットがあります。火災保険は火事への備え、と思われていますが、実は家財やその他の損害保険も兼ねています。オプション契約の内容にもよりますが、例えば空き巣に入られて盗難に遭った、上階からの水漏れで電化製品が壊れた、といった場合に補償されます。賃貸であっても加入する意味は充分にあります。

注目情報



Copyright(c) 2017 賃貸の一軒家へのニーズや人気 All Rights Reserved.